人気の旧車會のバイクについてご紹介!

このサイトでは、旧車會のメンバーが使用するバイクの知識に関する情報を公開しています。
特に手を加えていないノーマルとは異なり、色々な改造を施してあるのが特徴ですが、そこまでオープンにされている分野でもないので、中々触れる機会がありません。
そんな時の参考になるように、何のために改造をするのか、ショップごとに特徴はあるのかなどを解説していきます。
初心者での始めやすい仕様に関しても触れるので、もし興味があるのであれば目を通してみると良いでしょう。

やさしく解説!とっつきやすい旧車會とバイクの知識

やさしく解説!とっつきやすい旧車會とバイクの知識 旧車會ではその名前の通り古いバイクを使用することが多いですが、そのまま用いるのではなく、何らかの改造を施す場合がほとんどです。
もちろんビジュアル面での派手さをアピールする意味もありますが、機能面に及ぶことも少なくありません。
特に音を出すマフラーは、コールを行う際に気を付けなければならない部分です。
コールは旧車會でも欠かせない要素のひとつなので、知識として把握しておきましょう。
走行中・停車中を問わずにエンジンを吹かせて、甲高い音を出す行為です。
それを極めてリズムを刻める音職人と呼ばれる人もいるほどです。
ただその改造内容次第では、違法になる恐れもあります。
そのため参加する際には健全な旧車會を選ぶことが大切です。

旧車會のバイクには人気の車種がいろいろあります

旧車會のバイクには人気の車種がいろいろあります 旧車會には人気の種類があり、いろいろなバイクの改造が行われています。
好みに合わせて自分のバイクのマフラーやハンドルなど、部品を交換している人が多いです。
速く走らせるため改造したり、見た目の印象をアレンジするなど改造している人がたくさんいます。
改造する目的はいろいろですが、旧車會の改造は速く走らせることを目的とした改造というより、見た目のインパクトをアップする改造が多いでしょう。
人気の車種があり、いろいろな改造を施しているデザインが多く、人気のパーツもさまざまです。
例えば鬼ハンは鬼ハンドルのことで、ハンドルが中央に絞られており、ハンドルの先端が伸びている鬼のツノみたいになっているデザインになっています。
鬼ハンはハンドルが真ん中に絞られていて、幅が狭くなっているのが特徴的です。
ハンドルの先端であるバーエンドにも角度があり、バイクを転倒した時にハンドルが折れにくいメリットもあるでしょう。
極端な角度をつけるとクラッチやブレーキ操作などに支障があるので、見た目と実用域における調整がポイントです。
ロケットカウルはガソリンタンクの下からヘッドライトに伸びているカウルで、ロケットカウルなど多種多様です。

旧車會の定番ロケットカウルはバイクの空力の

旧車會でも大人気のロケットカウルは、元はレースで使う空気抵抗を減らすカウリングでした。FRPを成形したり特殊なアルミをハンマーで叩き出して作るなど、正真正銘のレース用パーツから生まれた部品です。暴走族はステーを付けて通常よりも上に設置することで、目立たせるカスタムにしました。通常は空力を下げるための改造ですが、上部に付けると空気抵抗が上がりますが目立てば勝ちなのです。他にもドルフィンカウルやビキニカウルや風防など、様々なアフターパーツがあります。これらも角度を付けて寝かせたり、逆に反対方向に飛びだたせるなどして存在感を出す改造が定番だったのです。旧車會のバイクは派手派手系とノーマル重視派に分かれ、後者は比較的おとなしめのライトチューンを好み、ヨシムラやモリワキなどのマフラーとバックステップなど改造は最小限でした。前者の派手派手系はロケットカウルをステーを介して上部に着けて、さらにカウルを二段付けする改造で目立っていたオーナーもいます。ペイントや電装などを追加して、夜間でも電飾でより目立たせるカスタムも人気でした。

旧車會の定番カスタム三段シートのバイクとは

三段シートはテール部から垂直に上がったシートが、乗車者の座高の高さ程ある背丈の長いシートです。二人乗りする時に安定して良いものの、スピードを出すと空気抵抗になったり横風に弱いなどのデメリットがあります。車検が通らないので違法改造となる場合もありインパクトは抜群の為、マフラーなどと共に換装されることの多いパーツの一つになります。旧車會でも人気の改造が三段シートであり、表皮をツートンにしたりラメにしたりなどより派手な仕上げでオーダーするのが傾奇者的なカスタムになるのです。現在はシートの中に衝撃吸収の特殊ゲルを入れたり、アンコ抜きした後に低反発性のシートを入れたりなど素材の進化に伴い見えない工夫をしている人もいます。そんな派手目路線の旧車會のバイクですが、クラシックトラディショナルなカフェレーサーをイメージして制作されたCB400F通称ヨンフォアは、あえてノーマルで乗ってオリジナルのメッキパーツを磨き込むなど渋い乗り方もあるのです。

旧車會のバイクに装着している飾り物や独特な改造

日本の改造車は、海外で大きな人気を集めています。昭和の日本では、トラックで有名なデコレーショントラックが流行りました。現在規制が厳しくなってしまったため、日本でもなかなか目のすることはなくなりましたが海外では人気があるようです。当時は、電球を利用した派手なインパクトがありますが、今でも変わらず残っています。最近では免許書に対する規制も強化しているため、若者たちが興味を持たなくなっていることも重要課題です。
免許を取得しない若者を増えていますが、若者たちに希望を与えてくれる集団も存在しています。それが旧車會です。昔のバイクを走らせる集団ですが今では考えられない物も装着していますので、旧車會を目にしたときは感動を覚えてしまいます。
装着物に関しては、現在の車検では対応していないこともたくさん存在していますが、当時の法律で決定していますので、音の規制やエンジンに関しての決まりごとが緩和できることも魅力の一つです。

旧車會のバイクに搭載されているものはほとんどが違法か

旧車會は昔の暴走族のイメージがあり、見た目に非常に印象が良くないと言われることも少なくありません。現代の一般的なバイクからすると非常に奇抜なものが多いのですが、実際にこれは一定の保安基準を満たしていれば問題のないものが多く、そのために専門のショップなどで販売されているものもあります。
その中でも特に旧車會のバイクで搭載されていることが多いものは、鬼ハンと呼ばれるハンドル、ロケットカウル、及び風防です。鬼ハンは鬼の角をイメージしたような鋭い形状のハンドルで、中央部分が絞り込まれており一見非常に操作しにくいような形状となっていますが、これはハンドルとしての基準を満たしていることから問題はありません。
またロケットカウルはレーシングスタイルなどで対応されるエアロパーツで、レーザーモデルなどでは搭載されているものも多いものです。風防は風よけに最適なもので旧型では装着されているものも多く、石はねなどからライダーを守る効果があるとされています。

旧車會の参考サイト

旧車會 バイク

新着情報

◎2021/2/15

人気のバイクパーツなどを紹介
の情報を更新しました。

◎2020/11/13

初めてでも乗りやすいバイク
の情報を更新しました。

◎2020/8/27

有名ショップの過激バイクの特徴
の情報を更新しました。

◎2020/07/31

サイト公開しました

「バイク 車種」
に関連するツイート
Twitter

鈴鹿NGK杯の空き時間にバイクスクリーンのアクリポイント様にご挨拶✨ この度取扱させていただける事になりました😆 日本製で視界性バツグン!デザインも作り込みも最高でさまざまな車種・用途で作られております😆

バイク乗りとして軽く自己紹介 名前:ほとり 性別:男 年齢:36 住み:神奈川県 車種:GB350 よろしくお願いしますー!

買うバイクもほぼ決まってるけど他の車種もある程度試乗もしたいな

バイク転倒させた容疑の男の車,車種は何だろう? 「フロント部分ぐしゃぐしゃだけど4ドアで,たいして大きくなさそうだからカローラ系?」 セダンかハッチバックか分かんねーな 「新車とは限らないし」 いずれにせよ,真相をきっちり暴いて欲しいな,コナン市だけに 「だれがうまいことを……」

コレのバイク版見たい(笑) メーカーと、車種と、マシン単体別で >RT